忍者ブログ

東京・目黒区の銭湯「亀の湯」

仁義廃れば銭湯廃る、銭湯廃れば人情廃る。

亀の湯・2017年12月年末〜2018年1月年始お休みのご案内

2017年12月年末〜2018年1月年始お休みは・・・

■31日-日曜日までは平常営業
■1日-月曜日は正月休業
■2日-火曜日は正月休業
■3日-水曜日は正月休業
■4日-木曜日は営業
■5日-金曜日は定休日
■6日-土曜日より平常営業

・・・んがんんっ。
PR

亀の湯・2017年12月26日営業再開のご案内

23日より機械の故障のため臨時休業させていただいておりましたが、修理が完了いたしましたので本日より営業を再開いたします。
ご迷惑ならびにご心配をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。
今後も亀の湯をよろしくお願いいたします。

亀の湯・2017年12月23日臨時休業のお詫び

本日、機械の故障のため臨時休業させていただきます。
予定といたしましては25日まで修理に時間がかかりそうです。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年12月21日-木曜日
「ゆず湯」
小学生以下の区民の方は無料になります。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年12月10日-日曜日
「親子ふれあい入浴デー」
11歳以下のお子様1人に対して、ご両親のどちらか1名が無料になります。
※目黒区居住の親子が対象となります。

亀の湯・2017年12月お休みのご案内

2017年12月のお休みは・・・

■1日-金曜日
■8日-金曜日
■15日-金曜日
■22日-金曜日
■29日-金曜日

・・・んがんんっ。

亀の湯・2017年11月23日営業再開のご案内

昨日機械の故障のため臨時休業させていただいておりましたが、修理が完了いたしましたので本日より営業を再開いたします。
ご迷惑ならびにご心配をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。
今後も亀の湯をよろしくお願いいたします。

亀の湯・2017年11月22日臨時休業のお詫び

本日、機械の故障のため臨時休業させていただきます。
ただいま明日の営業に向けて復旧を試みております。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年11月12日-日曜日
「親子ふれあい入浴デー」
11歳以下のお子様1人に対して、ご両親のどちらか1名が無料になります。
※目黒区居住の親子が対象となります。

亀の湯・2017年11月お休みのご案内

2017年11月のお休みは・・・

■3日-金曜日
■10日-金曜日
■17日-金曜日
■24日-金曜日

・・・んがんんっ。

目黒区浴場組合・ホームページのご案内

東京都目黒区浴場組合のホームページが完成いたしました。
ぜひ一度ご覧くださいませ。
「湯めぐろ-MEGURO SENTO-」
http://1010meguro.tokyo/

亀の湯・2017年10月17日営業再開のご案内

一昨日、昨日と機械の故障のため臨時休業させていただいておりましたが、修理が完了いたしましたので本日より営業を再開いたします。
ご迷惑ならびにご心配をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。
今後も亀の湯をよろしくお願いいたします。

亀の湯・2017年10月15日臨時休業のお詫び

本日、機械の故障のため臨時休業させていただきます。
営業時間ギリギリまで復旧を試みましたが、明日業者を呼んでの修理となりました。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年10月12日-木曜日
「ラベンダー湯まつり」
富良野産のラベンダーをたっぷり使ったラベンダー湯を実施いたします。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年10月8日-日曜日
「親子ふれあい入浴デー」
11歳以下のお子様1人に対して、ご両親のどちらか1名が無料になります。
※目黒区居住の親子が対象となります。

亀の湯・2017年10月お休みのご案内

2017年10月のお休みは・・・

■6日-金曜日
■13日-金曜日
■20日-金曜日
■27日-金曜日

・・・んがんんっ。

氷川神社・こどもみこしのご報告

「氷川神社・こどもみこし」
今年も台風の中、たくさんの子供たちの氷川神社祭礼ご参加ありがとうございました。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年9月18日-月曜日
「敬老入浴デー」
60歳以上の区民の方と同伴者(小学生以下)2名まで無料になります。
※同伴者は目黒区居住でなくても結構です。

氷川神社・こどもみこしのご案内

■2017年9月16日-土曜日
■2017年9月17日-日曜日
「氷川神社・こどもみこし」
今年も氷川神社のお祭りの季節がやってまいりました。
大平会では今年も神輿と山車で近所の子供達とお祭りを楽しみます。
雨が降ってもくじ引きやお菓子の配布はいたしますので、13時までに亀の湯前に集合です。

亀の湯・次回イベントのご案内

■2017年9月10日-日曜日
「親子ふれあい入浴デー」
11歳以下のお子様1人に対して、ご両親のどちらか1名が無料になります。
※目黒区居住の親子が対象となります。

亀の湯・2017年9月お休みのご案内

2017年9月のお休みは・・・

■1日-金曜日
■8日-金曜日
■15日-金曜日
■22日-金曜日
■29日-金曜日

・・・んがんんっ。

亀の湯・2017年8月お休みのご案内

2017年8月のお休みは・・・

■4日-金曜日
■11日-金曜日
■12日-土曜日
■18日-金曜日
■25日-金曜日
※今月は12日にお盆休みを1日いただきます。

・・・んがんんっ。

亀の湯・他浴場との差別化

差別化と大げさに言うことではないのですが、当浴場は現在の経営者で三代目(約70年)になります。
昔より、「今までと出来るだけ変えない」という考え方で経営をしてまいりました。
大きく変わった所と言えば、度重なる地震によって煙突に亀裂が入ったため、撤去した時に薪からガスに沸かし方を変更したくらいでしょうか。
したがって、新しい時代について行かず他の銭湯が変えたものを、亀の湯は変えなかっただけと言ってもいいでしょう。
他の銭湯がどんどん時代の波に乗り差別化を図った結果、取り残された当店が他の銭湯と比べて異質になったということで、当店の差別化が生まれました。

■番台
他銭湯はほとんどの場合、受付という場所で料金を払ってから男女別の脱衣所へ入ります。
当店は入り口が男女別になっており、入場していただいてから番台でお支払いをしていただいております。
番台に座っておりますと、脱衣所から洗い場・浴槽までの管理ができます。
お年寄りの多い当店は洗い場で倒れる方の救命率や脱衣所での窃盗を考えますと、番台というシステムを変えられずにおります。
※開店より18:30までは、若旦那が番台を管理しております。恥ずかしがり屋のキューティーハニーは夜の入浴をお勧めいたします。

■番頭
銭湯の表より裏を全て管理する番頭が当店には勤務しております。
通常、下風呂と呼ばれる浴槽の裏におりますが、洗い場の管理やお湯の温度の確認で男湯・女湯共に営業時間内にも出入りいたします。
開店作業から閉店後の掃除や湯の入れ替えまで、銭湯のスペシャリストです。
※先日のテレビの情報では、嘘か誠か銭湯の番頭は全国で2人になってしまったそうです。

■湯温
激熱です。
熱湯風呂に入るためだけに遠方から来ていただくお客様もいらっしゃいます。
よって、当浴場は水出し禁止とさせていだいております。
※湯温計は50℃前後を指しておりますが、実は壊れております。

■井戸水
当浴場は井戸水を使用しております。
熱湯風呂ですがピリピリしません。
お湯の柔らかさを味わっていただけると思います。

■ガリウム石温浴泉
当浴場の浴槽には上記の鉱石が天然の姿で適量入れてあります。
この鉱石に含まれている有効成分の作用によって、湯は天然のラヂウム温泉のようになって入浴されるお客様の美容と健康の増進に大変お役に立ちます。
体調が崩れる原因は色々ありますが、予防と恢復のために当風呂を続いてご利用されるようお勧めいたします。
とは、故・帝大採鉱治金教授石和田章三博士のお言葉。

亀の湯・禁止事項

銭湯での禁止事項、これはとても難しい問題です。
なぜならば時代によって禁止事項も変化してきているからです。
昔は許されていたけれど、今は許されない。
禁止されているけれど、なあなあになっている。
若い人と、お年を召された方の間でも考え方が違ったり、家風呂のある方と銭湯しか風呂のない方の利用の仕方も違うでしょう。
よって、ここでは当たり前のことでも禁止事項の確認をお願いいたします。

■施設内での撮影禁止(タブレット・ゲーム機・携帯含む)
※携帯等での撮影を確認した場合、警察へ通報することに決定いたしました。
■酒気帯びでの入浴禁止
■施設内での喫煙禁止
※濡れ縁での喫煙も認めません。
■洗い場・浴槽内への飲食物持ち込み禁止
■施設内への伝染病・感染症の方の立ち入り禁止
■施設内の備品の持ち帰り禁止
■体を洗う前の入浴禁止
■浴槽内へのタオル等持ち込み禁止
※マッサージや体操もタオルの使用は認めません。
■浴槽内の水出し禁止
■カランの手以外の操作禁止
■周りの人への水・湯飛散禁止
■施設内での髪染め禁止
■施設内での散髪禁止
■施設内での洗濯禁止
■水着・下着等の着衣入浴禁止
■体を拭かずに脱衣場の立ち入り禁止
■施設内へのゴミの放置禁止
■トイレ以外での排泄禁止
■浴槽の縁への腰掛禁止
■施設内での備品破損・汚損禁止
■その他、管理者が判断するもの

上記のような禁止事項はある意味常識と考えます。
しかしながら守れないお客様も多くいらっしゃいます。
記入すべきではないことも記載しなければいけない事情をお察しください。

亀の湯・若旦那の独り言

仁義廃れば銭湯廃る、銭湯廃れば人情廃る。

古代ローマ同様、銭湯は風呂好きの日本人にとってはコミュニケーションの場であった。
たくさんコミュニケをとることで、情報や知識や教育というものが昔は存在していた。
自分も子供の頃は銭湯でよく叱られていた。
怒られるのではなく叱られていたのだ。
町ぐるみで躾をしてもらっていた気がする。
近所のおばちゃんに病気を発見してもらったりもした。
それも、今は昔。
仁義と人情はどこへ行った。
番台に座っているといろいろなことが見える。
精神的なことから物理的なものまで。
シャイな人がいるのは承知している。
しかし挨拶ができないこととは違う。
帰る時に昔ながらの挨拶「ごちそうさま」や「おやすみなさい」と言ってくれるお客様は全体の1%。
それ以外の挨拶「はーい」や「どうも」を含めて「ありがとう」と言ってくれるお客様は半分ほどか。
30代以下の女性のお客様は、帰る時にはまず無言。
どうして挨拶一つできないのだろう。
また、10代の男の子はほとんどの場合、開けたドアを閉めない。
入店の時に入り口のドアは開けたまま。
脱衣場から洗い場へ入った後、ドアは開けっ放し。
帰りももちろんドアを開けたまま帰るのである。
20代の男性は、洗面器と椅子を片付けないで帰る方が多いし、体を拭かずに脱衣所を歩き回る方が多いように思う。
年代や性別に限らず、使用したロッカーを必ず全開で帰る方や、使用した下駄箱を100%全開のまま帰る方もいる。
しかし今日、それを注意するのはほんの一部の方だけである。
銭湯の番台に座っていると、その人が普段どんな生活をしているのかが、手に取るようにわかることもある。
・・・というお話でした。
        
  • 1
  • 2